くすみの原因

肌のくすみがあると顔全体の印象に影響してきますよね。くすみはファンデーションで隠す、という方法もありますが、誤摩化し続けるのではなく、根本的な解決策も進めてみましょう。くすみの原因になる古い角質などは通常、およそ4週間程度で肌から剥がれ落ちるものです。正常な肌のターンオーバーが行われていれば、肌にくすみは出来ないものなのです。では、なぜ古い角質が剥がれて再生するサイクルが乱れてしまうかというと、さまざまな原因があります。睡眠不足、ストレス、紫外線、乾燥、摩擦、ビタミン不足、男性ホルモン、加齢などです。睡眠不足、ストレス、乾燥、ビタミン不足、加齢などの場合は、肌の新陳代謝機能、ターンオーバーがスムーズにいかなくなるために古い角質が肌に残ってしまいます。ターンオーバーがスムーズに行われなくなると、角質肥厚を起こします。角質肥厚は、肌があらゆるダメージから体を守ろうとする場合にも起こります。紫外線、摩擦などの刺激、ストレスなどから来る男性ホルモン過分泌も肌の角質を厚くしてしまう原因です。角質が厚くなれば通常よりも角質が溜り、肌の再生サイクルも遅れてしまいます。つまり肌のターンオーバー遅延と角質肥厚は悪循環を引き起こすのです。
毛穴の汚れは肌トラブルの原因です。美肌を保つためにも毛穴の汚れ落としはしっかり行いましょう。毛穴が黒ずんでイチゴのような鼻になってしまう場合も、毛穴の汚れ落としで解決できます。正常な毛穴や肌環境であれば、毛穴には汚れが溜ることはありません。汚れが溜る原因として紫外線、乾燥、加齢、皮脂分泌過剰などの原因があります。また日頃不規則な生活やストレスの多い日々を過ごしていると、新陳代謝のサイクルが乱れて、古くなった角質が毛穴につまり、毛穴の角栓になることもあります。原因を完璧に防げれば問題ありませんが、それは難しいからこそ毛穴の汚れ落としや毛穴ケアというものがあるのです。毛穴の汚れ落としにもっとも効果的なのは洗顔です。洗顔の中でも高質洗顔と呼ばれる方法で顔を洗います。毛穴の汚れは洗顔の回数を多くしてもほとんど意味がないので、質の高い洗顔を毎日心がけることが大事になります。洗顔の際は34~36度のぬるま湯で予洗いをし、蒸しタオルや発汗などで毛穴を開き、石けんを良く泡立て、泡を肌に押しあてる程度で行うのが理想です。毛穴の汚れ落としをしたら毛穴をひきしめ、肌の保湿力を高めて新陳代謝力もアップさせるとベストです。
ビハキュア 販売店

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です