結婚したら男は弱くなり女は強くなる

恋をしている時の男は強く、女は弱くなります。
でも
結婚すると女が強くなり男は弱くなります。

恋愛初期においては女性は主役で男性はそれをフォローするプロデューサ役です。
いわば男性は女性が「いかに輝けるか」そのためにはなにでもすることができるのが男性です。
だから男性は女性よりも強くならなければなりませんし、そうありたいと男性は考えています。
当然演者(女性)よりもプロデューサー(男性)のほうが力関係では上です。
そのプロデューサーの手腕次第でいかに惚れた女性が輝けるかどうかは決ままりますし、惚れた女性が輝けば輝くほどその男性の周りの評価も上がります。
だからこそ恋愛書記においては女性よりも男性の方が強いものです。

しかし結婚で子の状況は一転してしまいます。
結婚して間もなく彼氏と彼女関係は夫と妻になると男性は女性を女歳恵美なくなりますし、女性も怠慢になり倦怠期に突入します。
実はここからが大きな転換期で女性が主宅になり男性はあくまでそのしたの補佐役的になります。
今度は女性がしその男性のプロデューサー的な立場になり、男性は女性の言うとおりに動く演者的な立場になるのです。
女性つまり妻は自分の夫社会的にも「いい男」に仕立て上げるためにその態度は一変します。
まるで鬼軍曹のように夫の尻を叩き始めるのです。
当たり前ですよね。
夫の社会的評価がすなわち自分の評価でもあるのですから必死です。
だからこそ女性は結婚後がは強くならなければいけないのです。
性癖 相性 結婚

それも妻のイメージするいい男とは
・家事を自分から率先して手伝ってくれる
・子育ても積極的に協力してくれるイクメン
そしてなにより
・会社で出世して多くの給料を持って帰ってきてくれる
そしてそしてそれよりも
・自分のまわりの友人に自慢できるよき夫
知んな風に自分の夫をプロデュースするのにいちいち夫の不平不満は聞いてはいおられないのです。
あのかよわく優しかった恋愛していた当時の彼女ではもはやないのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です