イクメン夫を羨ましがるな!夫に求めるのは育児よりも経済力では?

夫がい記事をする
テレビや週刊誌ではこれをイクメンともてはやし、今の時代の流行である。

「世の中は男女平等でい夫も育児するのが当たり前
 それに比べてうちの旦那と来たら、まったく育児に協力してっれない」
そうお嘆きの奥様もさぞ多いことでしょう。
もちろん、夫も育児に協力するのは当たり前のことです。
しかし、昨今の風潮で
会社を休んでまで育児をすることが果たて良いこと尚可?
このあたりは少し微妙です。
確かに政府も男性も育児休暇を取るようにするような政策を進めています。
しかし、現実はそう簡単ではありません。
公務員などの年功序列で昇給も横並び
そんな会社ならば行く軸床をとってもいいで市う。
しかし、成果主義能力主義の会社だとどうでしょう。
またそんな会社ほどお給料は多いものです。

あなたは夫に求めている最重要事項は何だろうか?
それは育児を協力してくれることだろうか?
たぶん「夫は妻や子供のために外に出て大きく稼いでくること」が最優先事項ではなかろうか?

最初から
「今 会社が設けているんだから育児休暇を取ろう」
と考えている男にであれば出世は期待していかないかもしれません。
そんな男性ならば、わざわざ育児休暇をとっても育児に協力してくれるとは考えられません。
おそらくおざなりの育児の協力で結局は家でダラダラしてるだけだと思います。

「嫁が育児手伝ってというから育児休暇を取って会社を休もう」
そんな会社にいてもいなくても問題ないような男性ならはっきりいって会社のお荷物でしかありません。
もし会社の業績が悪くなれば真っ先にリストラ対象になるでしょう。

損あしj店で観れば、よそのかていで
「うちの夫、育児休暇までとって子育てに協力してくれているの」と自慢されても
「お宅の旦那、出世街道から外れてるのね」
と内心ほくそ笑むこともできるのだ。

えっ?うちの旦那は育児も協力しないし。出世も期待できない?
それはそんな男をあなたにも責任があるから諦めるしかありません。
相続 税理士 頼まない

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です