悩んだ時は放っておいて欲しい夫、話を聞いて欲しい妻

なにか悩みが出てきた時、夫と妻とではその時にどうして欲しいのか?
それは微妙に変わります。
「悩んだ時、放っておいて欲しいのが夫」
「悩んだ時に話を聞いて欲しいのが妻」
そんな風に夫と妻では悩みに対して相手にどうして欲しいのか?は変わってきます。

夫が?
妻が?
どうも暗い顔押している
どうもなにか悩んでいるようだ
そんな時に自分はどうしてあげたらいいのか?
それを考える時にまず気を付けて欲しいのが「もしそれが自分ならどうして欲しいか?」を優先してあげてください。

悩んでいるのがもし夫ならば、どちらかといえば夫自身でなんらかの答えが見つかるまで放っておいて欲しい生き物です。
悩んでいるのがもし妻ならば、どちらかといえば話を聞いて欲しいと考える生き物です。

しかし、これが夫と妻の大きなミスマッチでもあります。
夫からすれば「妻が何な悩みを抱えている」ことに気づいていても、「自分が悩みを抱えた時にして欲しいこと」
つまりあえて「なにもしない」「知らぬふりをする」ことが優しさと考えます・
妻からすれば「夫がなにか悩みを抱えている」ことに気づけば「自分が悩みを抱えた時にして欲しいこと:
つまり夫から「悩みを打ち明けて欲しい」「話をして欲しい」と夫に根掘り葉掘りと質問攻めにしてしま巣かもしれません・
夫からすれば
「こっちの気持ちも考えずになんと無神経な奴だ!」
そんな気持ちになって、また逆切れしてしまうこともあります。

夫も妻も、相手によかれと思ったことがことごとく逆効果になってしまうこともあるのが、夫婦が悩みを独自に抱えた場合の対応なんです。

悩みを抱えている夫
悩みを抱えている妻
そんな場合は
夫が悩みを抱えた時の考え方
妻が悩みを抱えた時の考え方
それをしっかりと理解したうえで対応していきましょう。
それが本当の優しさかもしれません。

そのうえでの
夫からの悩みの相談
妻からの悩みの相談
は意味が微妙に異なります。
夫から悩みの相談があった時にはすでに夫自身の答えは出ているものです。
ですから、あえてそれを肯定してあげましょう。
妻から悩みの相談があった時はまだまだ妻時品も悩みにたいする解決策は見つかっていないものです。
ですから、府府二人でじっくりと話し合って妻自身が答えを導きだせるようゆっくり時間をかけていきましょう。
突発性難聴 治療 食べ物

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です