大事なことを忘れる夫 vs 余計なことを覚えている妻

大事なことを忘れる夫 vs 余計なことを覚えている妻
これは男の性分 音案の性分でもあります。
女性にはいわゆる「女の勘」っというとんでもない武器を持っています。
言い換えれば「不幸なことに敏感な能力」でもあります。
特に「なんか悪い予感がする?」
そんな女の予感ほど百発百中で当たるものです。
女性は常に不幸になことに対して敏感に察知する能力にたけているのです。
まったく証拠も残さない?尻尾を出していない?夫の浮気など知らなければよかったかも?といえるものでも敏感に女の勘で察知してしまうものなのです。
知らなければなにごともなかったはずなのあに?知ってしまったばっかりにリオンへの道を突き進まざる負えなくなることもあります。
夫にしてみればただの浮気
離婚なんかさらさら考えてもいないのに・・・・?
妻も夫ももはや不幸への道を勧めなければならなくなります。

女性は過去に起きた不幸な出来事を事細かくしっかりと記憶しているものです。
ですから男からすれば忘れて欲し事ほど、いつまでもいつまでもしっかりと記憶しているのです。
これはある意味において女性特有の「不幸に準備する能力」かもしれません。

一方、男というものは不幸に対する準備というよりも「幸せになるための能力」にたけているかもしれません。
そのために過去の過ちなどはすっかり忘れてしまう作用が働くのです。
しかし、過去の栄光だけは別です。
自分の遠い昔の武勇伝はいつまでもことあるごとにその話は登場します。

女性は不幸になりそうなことに敏感
男性は自分が幸福になりそうなことに敏感
そう言えるかもしれません。

■ 大事なことを忘れる夫 vs 余計なことを覚えている妻

それが
大事なことを忘れる夫 vs 余計なことを覚えている妻
の本質です。
結婚記念日とか大事なことはよく忘れてしまう夫です。
過去にあった過ちのことんなどきれいさっぱりと忘れてしまう夫です。
自分に100%落ち度があったといしてもです。
逆に女性はいつまでもしっかりとい覚えています。

夫婦喧嘩の時に、妻がいつも昔の同じことを蒸し返してくるのはそのせいなのです。
better相続 口コミ

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です