嫉妬深い夫と嫉妬深い妻との違い

夫がキャバクラに行ったことがわかりました。
「仕事の付き合いなんだからしょうがないだろ」
そんな言い訳の常套句で納得できない妻。

自分の夫がキャバクラに行くことを過剰に嫌う人は、キャバ嬢に対して不安を抱いているのではなく自分の夫に不安を抱いているんですよね?
ですから、たとえキャバクラに行くのをやめてもそれで夫を信じているか?は疑問です。

■ 信じることは愛、信じさせて欲しいは欲求

信じるに値する根拠を相手に求める
それは「信じさせて欲しい」という欲求です。
ですからその根拠や証拠がなければ信じることができないのであれば、ズバリその程度の愛情でしかありません。
信じることに根拠や証拠はいりません。
自分の夫を疑わない!そんな強さが信じるということなんですね。
たちえ昔の一時の迷いかもしれませんが、自分が惚れた男が今の夫ではありませんか?
えっ?
惚れた男は他にいた?
そんな方はここから読まなくて結構ですよ。

■キャバクラではなく風俗だったら?
「キャバクラならまだ許せますが、風俗は許せません」
いやあ難しい問題です。
キャバクラと違い風俗はどのラインまでという定義は難しいですが体の関係になります。
夫が見ず知らずの女性と裸で過ごすのですから妻としては許せませんよね。

でも、それが浮気といえるか?*
夫としてもそこに愛情なんていうものはありません。
でも、そうはいっても許せるものでもありません。
いわゆる浮気よりも汚らしく不潔に感じてしまうかもしれません。
とはいっても男というよりもオスという生き物の本能ですから仕方ないかもしれません。
しかし
・それがバレる夫も悪いし
・それを追求する妻も悪い
のかもしれません。
気づかれない
追求しない
それが夫婦円満の暗黙のルールかもしれません。
ALG探偵社 評判

PS
夫が風俗に行ってすることは、決して妻に対しては「しない」「させない」ことだそうです。
少ない夫の小遣いをやりくりしてまでそこに風俗に行き、どんなことを夫が風俗嬢に要求しているのか?
このあたりは妻も追及したくもなりますよね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です