夜の生活はきちんとできていますか?

若いころと違って夜の生活は、マンネリ・出産などでなくなりがちですね。

しかし、ここはきちんと見直しましょう。

きちんとパートナーと肌を合わせることはとても大事なことです。

もし、あなたとパートナーがともに夜の生活を不要と考えているのならば大きな問題はないでしょう。

しかし、あなた、あるいはパートナーのどちらかがそれに不満を感じていれば、これは深刻な夫婦崩壊の原因へとなっていきます。

夫婦のあり方というものも一言で言い表せるものでもないので、繋がりのない、薄い夫婦という夫婦の形も一つの形ではありましょう。

書類一枚でつながった仮面夫婦も、法律上は夫婦です。

ただ、夫婦の形は書類一枚で形成され、肝心の男女がそれぞれ家庭の外で各々恋愛しているというような夫婦では、たとえこれも夫婦の1つの形ではあっても望ましい形とは言えないと思います。

個人的には、それでは夫婦でいる価値がないと思いますので。

いまどきそんな考え方は古いと言われるかもしれませんが、私の理想の夫婦は、やはり『老いても肩を抱いて並んで座れる夫婦』です。

そのためにも、たとえ性欲自体は減退してきても肌を重ねる時間は作るべきだろうと考えている次第です。

人間、なんのかんのといっても肌の距離が心の距離です。

今回は夜の話ということでお話していますが、本当は無意識の時の肌の距離が心の距離だと思っています。

これって否定できないと思うのですよ。

意識しなければ、心の遠い相手の姿は映らなくなりますし、心の近い相手は安心感を求めてそばに寄りますので。

だから、肌を重ねるという行為は思いのほか重要だと思う訳です。

意識下で思うのではなく、無意識下で安心できる存在というものを求めるわけですから、当然ある日突然そうなるものではなく長い時間をかけて心に刷り込ませなくてはそうはなりません。

ですから、ただ性欲のなくなるままに夜の生活をなくすのではなく、心の距離を近づける互いの肌の温度を確かめるという意味で夜の生活を過ごす努力をすることは夫婦の仲を保っていくために重要な要素であると考えます。

もしあなたが、レスになって久しいなあ……と思った時にはあなた自身ではなく相手がどう思っているかにも心を広げてみて下さい。

きっと、それが『コツ』だと思いますよ。

アドライズ Adrys 大正製薬 店舗 最安値

カテゴリー: 未分類 | コメントする

仲良きことは麗しきことかな

一言に夫婦円満のコツといいっても色々あると思います。

例えば、生活の安定。

現実的な話として、金銭的に追いつめられると簡単に家庭が壊れることもあります。

それまでの夫婦関係というもので変わりますし、また夫婦の個性によってもこれは変わってきます。

お金を必要とする性格をしていれば、金銭的に追いつめられれば当然のように不満がたまり、夫婦仲は崩壊していくでしょう。

もちろんこれは、生活さえなんとかできればさほどにお金に重きを置かないという性格の個人がペアになった夫婦であれば、多少の困難は乗り切っていきます。

お金というのは、要素の一つにすぎません。

では、夫婦の繋がりでしょうか?

これも先ほどのお金の話と同様です。

逆にそんな繋がりなどよりも金銭的な満足が優先される個性を持った夫婦であれば、お金さえ満たされていれば夫婦の繋がりなどさほどの影響もなく、円満な夫婦生活を送れるでしょう。

お金でもなく、繋がりでもない……。

では、お前は何だと思っているんだ?

そうお思いの方も多くおられると思います。

実は、もうすでに私の解答は文中に書かれています。

何だと思いますか?

私の答えは『相性』です。

価値観は個人個人で違うでしょう。私の価値観とあなたの価値観が完全に一致することはありません。

だから、それを認めること、寛容になることももちろん重要なことだと思います。

しかし、もっとも客観的にそして普遍的に夫婦関係をうまく繋げていくコツは? と聞かれたら、やはり『相性』だと答えざるを得ません。

その相性の要素に、正しい正しくないという価値観は一切関係しません。

例えばということで、極端な例を示します。

『お金は汗水流して働いて稼ぐものではなく、他人から奪うもの』という価値観があったとします。

これは、誰が聞いても真っ当で正しい価値観の対極でしょう。

しかし、そういう男女がいたとしたら、どうなると思いますか?

彼彼女がストレスなく1つの夫婦となる条件の一つに、この『お金は汗水流して働いて稼ぐものではなく、他人から奪うもの』という価値観が必要になってきます。

だから、相性の要素に正しい正しくないという判断基準はないのです。

よくも悪くも、これが相性というものです。そして、強固に二人の関係を固定してくれます。

もちろん、こんな人前で語れないような考え方で繋がれという意味ではありません。

このぐらい強力な作用をする『相性』というものを、改めて考えてみてほしいという話です。

この相性があうと、いわゆる夫婦仲の良い夫婦にはなれるでしょう。

これは、一つの物の見方という意味での話なので、基本相手を思いやり分かりあう姿勢は重要です。

そのうえで、今日お話しした相性というものの見方もしてみると、新たな心の整理棚もできるかもしれませんね。

リキッドセラムプラス 店舗 最安値

カテゴリー: 未分類 | コメントする

くすみの原因

肌のくすみがあると顔全体の印象に影響してきますよね。くすみはファンデーションで隠す、という方法もありますが、誤摩化し続けるのではなく、根本的な解決策も進めてみましょう。くすみの原因になる古い角質などは通常、およそ4週間程度で肌から剥がれ落ちるものです。正常な肌のターンオーバーが行われていれば、肌にくすみは出来ないものなのです。では、なぜ古い角質が剥がれて再生するサイクルが乱れてしまうかというと、さまざまな原因があります。睡眠不足、ストレス、紫外線、乾燥、摩擦、ビタミン不足、男性ホルモン、加齢などです。睡眠不足、ストレス、乾燥、ビタミン不足、加齢などの場合は、肌の新陳代謝機能、ターンオーバーがスムーズにいかなくなるために古い角質が肌に残ってしまいます。ターンオーバーがスムーズに行われなくなると、角質肥厚を起こします。角質肥厚は、肌があらゆるダメージから体を守ろうとする場合にも起こります。紫外線、摩擦などの刺激、ストレスなどから来る男性ホルモン過分泌も肌の角質を厚くしてしまう原因です。角質が厚くなれば通常よりも角質が溜り、肌の再生サイクルも遅れてしまいます。つまり肌のターンオーバー遅延と角質肥厚は悪循環を引き起こすのです。
毛穴の汚れは肌トラブルの原因です。美肌を保つためにも毛穴の汚れ落としはしっかり行いましょう。毛穴が黒ずんでイチゴのような鼻になってしまう場合も、毛穴の汚れ落としで解決できます。正常な毛穴や肌環境であれば、毛穴には汚れが溜ることはありません。汚れが溜る原因として紫外線、乾燥、加齢、皮脂分泌過剰などの原因があります。また日頃不規則な生活やストレスの多い日々を過ごしていると、新陳代謝のサイクルが乱れて、古くなった角質が毛穴につまり、毛穴の角栓になることもあります。原因を完璧に防げれば問題ありませんが、それは難しいからこそ毛穴の汚れ落としや毛穴ケアというものがあるのです。毛穴の汚れ落としにもっとも効果的なのは洗顔です。洗顔の中でも高質洗顔と呼ばれる方法で顔を洗います。毛穴の汚れは洗顔の回数を多くしてもほとんど意味がないので、質の高い洗顔を毎日心がけることが大事になります。洗顔の際は34~36度のぬるま湯で予洗いをし、蒸しタオルや発汗などで毛穴を開き、石けんを良く泡立て、泡を肌に押しあてる程度で行うのが理想です。毛穴の汚れ落としをしたら毛穴をひきしめ、肌の保湿力を高めて新陳代謝力もアップさせるとベストです。
ビハキュア 販売店

カテゴリー: 未分類 | コメントする

すれ違いの多いからこそ夫婦ほど長持ちする?

残業続きで深夜に家に帰ると妻も子供ももう寝ています。
そんなコミュニケーションがほとんどとれない家庭は少なくありません。
夫婦間や親子間のすれ違いはあまり良いものではない杯ことは間違いありませんが、適度なすれ違いはかえって夫婦にとって良い場合も少なくないのです。
すれ違いが何日か続けば、普通なら人間は相手のことが気になってくるものです。
何日か帰りが遅くなった夫なら
「今日はなにか美味しいものでも買って帰ろうか?」
などの気遣いもあるもので、それが妻には嬉しくなるものです。
毎日決まった時間に返ってkるような過ごし方では、そんな相手に対する心配りなど生まれるはずもありません。
それが結局、お互いの存在をまったく感知しない空気みたいな夫婦になるのです。

しばらく会えない
犬も食わない夫婦喧嘩をした
そんななにかのアクシデントは夫婦にとって良いスパイスになっていることもあるのです。

よく夫婦喧嘩する夫婦ほど
「あいつとは腐れ縁だから・・・」
「あんな亭主につきあえるのはわたしくらいなもの・・・」
そんな文句ばかりを言いながら最後まで一生添い遂げるのは、夫婦がお互いにその関係を点検・修復する機会が多いからかもしれません。
そんな意味でもある程度なら「夫婦のすれ違い」もp互いの問題点に気づく機会ともいえます。
夫婦のすれ違いが起きた時にその都度、「私たち大丈夫?」と点検作業を行うことが夫婦の長続きの秘訣かもしれません。

24時間365日 ずっと一緒にいればどんなに相性の良い夫婦だったとしても息が詰まります。
いくら夫婦であっても
妻には決して見せない、見せられない夫の顔
夫には決して見せない、見せられない妻の顔
は誰しも持っているものです。

たまには夫もキャバクラで鼻の下を伸ばしたスケベ親父になりたいこともあります。
たまには妻も好きなアイドルに胸きゅんして、コンサートではキャーキャーと金切り声を出して叫びたいものです。
つかず離れずが夫婦の秘訣です。
シンプル瞑想 口コミ

カテゴリー: 未分類 | コメントする

夫婦での会話を絶やさないことが大事

夫婦での会話が少ないという家庭も多いのではないでしょうか?

夫婦仲の良くない家庭は、会話が少ないです。

相手と会話をしたくないなんて考えてしまっている人もいて、夫婦での生活が苦痛になってしまっているというケースもあります。

 

夫婦同士の会話は、非常に大切です。

なぜなら、会話をしなければ、わからない部分が多々あるからです。

 

例えば、相手がどう考えているかも会話をしなければわかりません。

会話をしてみて、はじめて相手の気持ちに気付くことがあります。

 

しっかりと言葉として発しなければ、相手のことを理解することはできません。

他愛のない会話でもいいので、毎日夫婦で会話をすることは大切です。

 

何も相手の気持ちをわかろうと、意気込む必要もないです。

何気ない日常会話をすることで、何かしら自分の気持ちが出てきます。

そのときに、相手の考えていることを引きだしましょう。

 

相手の夢や相手の愚痴、不安などを聞いてあげてください。

仕事をしていれば、愚痴が出てしまうのも当然です。

 

将来に対する不安を誰かに聞いてもらいたいという人も多いと思います。

夫婦だからこそできる会話というものがあり、相手の話をしっかりと聞きましょう。

 

会話が上手くできないという人は、まず挨拶から始めてみてはどうでしょうか。

朝起きたときに、「おはよう」と言うようにしてください。

 

会話の少ない家庭では、これができていないことが多く見られます。

挨拶はコミュニケーションの基本となります。

基本を怠ってしまうと、コミュニケーションも上手くいきません。

 

挨拶から始めてみるのは、誰でもできることです。

挨拶をためらってしまうような関係では、夫婦仲も上手くはいかないでしょう。

 

年々会話が少なくなってしまっていると悩んでいる人も多いかもしれません。

しかし、会話を増やすのは、努力で誰でもできることです。

夫婦円満になることを目標にして、毎日の会話を大切にし明るく楽しい家庭を築き上げてくださいね。

森のコーヒー 口コミ

カテゴリー: 未分類 | コメントする

相手をわかってあげるという気持ち

夫婦生活をしていて、「相手に自分のことをわかってもらいたい!」と思ったことはありませんか?

それぞれ違う環境で育った二人が一緒に生活をすると、どうしてもすれ違いがあったりします。

 

その際に、どうやったら自分のことをもっとわかってもらえるのだろうかと考えてしまうかもしれません。

たしかに自分のことをわかってもらえれば、夫婦喧嘩も減りますよね。

 

しかし、「自分のことをわかってもらう」前に、相手のことをわかってあげなくてはいけません。

あなたは、相手のことをしっかりと理解している自信がありますか?

 

自分自身のことだけでなく、相手のことを考えてあげることが大切です。

相手のことをわかっていないのに、自分のことをわかってもらいたいというのはおかしな話ですよね。

 

じゃあ、どうすれば、相手のことを理解できるのでしょうか。

相手のことをわかってあげたいのなら、自分の言った言葉に対してどう思うかを考えてあげる必要があります。

 

「自分がこう言ったら相手はどう思うだろうか」

そのように考えて、行動することが大切です。

 

何も考えずに言葉を発してしまって、相手の気持ちを害してしまったことはありませんか?

そのときは、相手がどのような気持ちになってしまったのかを考えてください。

自分の気持ちばかりを優先して発言をしてしまうと、夫婦仲も悪くなってしまいます。

 

決して、自分の気持ちを押し付けないように気を付けてくださいね。

 

相手のことを理解し出すと、自分の間違っていた発言や行動がわかってきます。

次第に相手の態度も変わってきて、自分のことをわかってもらえるようになるでしょう。

 

夫婦は血のつながりがないので、家族ではありますがもともとは他人だったわけです。

自分のことを最初から全て理解してもらおうというのは難しい話です。

相手に甘えすぎたり、依存しすぎたりするのも避けたいところですね。

 

夫婦円満の秘訣は、相手の気持ちを理解してあげることです。

相手への理解を深めて、夫婦仲をよりよくしてくださいね。

ポピー 口コミ

カテゴリー: 未分類 | コメントする

夫婦円満のコツ

最近ではリモートワークも増えて、相方と一緒の時間も増えている方が多いと思います。

そんな中で、『仲が以前より良くなった方』『仲が以前より悪くなった方』両方おられることと思います。

では、この差はどこから来るのでしょうか?

やはり、両者の『コミュニケーション力』の差から来ると言わざるを得ません。

夫婦と言えど、やはり他人なのです。これは、我が子との接し方にも言えることですが、やはり接触の仕方がキーになります。

相手は、どれほど近しくとも『自分ではない』のですから。

では、ここでいうコミュニケーションとは一体何でしょうか?

会話を増やす、相手の様々を理解する努力をする──『知る努力をする』

話を聞く、相手のことも考えてあげる──『共感する』

まとめると、これらが多くを占めるでしょう。

もちろん、生活にゆとりも必要になります。生活がカツカツでは、それが心のゆとりのなさに直結してしまいます。

昔から金持ち喧嘩せずと言いますが、やはり心の余裕というものがゆとりに繋がります。

他にも、『束縛』なども関係を悪化する原因として大きいですね。

よほど特殊な性癖の持ち主でもない限り、束縛がすぎて不自由だと感じれば、多くの人はそれを『不満』とします。

つまり、これが喧嘩へと繋がっていくわけです。

では、これらを満足すれば、喧嘩はなくなるか……。

喧嘩はずっと減るでしょう。

しかし、どうせならばもっと欲張りたいですよね。

ただ喧嘩しないだけより、仲の良い夫婦を目指したいではないですか。

だから、夫婦で『恋』をしましょう。

そのためには、夫は男である必要がありますし、妻は女である必要があります。

それぞれが男として、女として、パートナーに向き合う努力もしてみましょう。

現実的に夫婦になると『夫婦』になる方が多いです。生活共同体のパートナーになってしまうのですね。

しかし、この意識では、どうやっても遠くなく冷めます。

それが夫婦だと言われれば、それはそうですねと私も答えます。

ただしそれは、半ば以上諦めの気持ちをもって、そう答えます。

理想を言うならば、夫婦のあり方というのは根本的に『夫婦』にしてはいけないと思うのですよ。

だから、その改善の一歩として、同じ寝室で寝ることから始めるといいと思います。

そして、心だけでなく体もきちんと重ねましょう。

そのために、男も女もダイエットや身だしなみ、スキンケアなど、頑張ってみませんか?

まだティーエイジャーだったころ、恋人を作るために、あるいは恋人とのデートに向けて頑張っていたころに戻ってみませんか?

ただぶん、これが究極的には夫婦円満のコツそのものだと思いますよ?

下記は、スキンケアをするのにおすすめの99%美容液でできているクレンジングの記事です。

特別何かをするのは大変かもしれませんが、こんなところから無理のない範囲ではじめていくのも悪いことではありません。

アウナ(auna)マイルドホットクレンジングジェル 販売店 最安値

カテゴリー: 未分類 | コメントする

夫婦円満には「我慢」が大切

仲の良い夫婦とそうでない夫婦、一体何が違うのでしょうか。

私の周りにも夫婦円満でうらやましい人たちもいます。

 

逆にこうはなりたくないと思うような仲の良くない夫婦も見かけます。

夫婦円満になるためには、何が必要なのかを考えてみました。

 

夫婦円満となるためには、とにかく「我慢」が必要です。

夫婦といえど血のつながりはなく、子供のころはそれぞれ違う家庭環境だったわけです。

 

そんな二人が一緒になるので、衝突はあって当然でしょう。

 

何か気に入らないことがあったときに、相手に対してそれを素直に伝えるのはまずいことです。

率直な意見ばかりを言っていると、相手は嫌な気持ちになってしまいます。

 

「言いたいことを我慢する」というのは、相手を尊重する意味でも重要なことなんです。

 

しかし、我慢ばかりしているとストレスを溜めてしまいますよね。

ストレスを溜めて身体を壊してしまっては、元も子もありません。

 

もちろん息抜きも大切になってきます。

 

まず、相手の行動や言動が気に入らなくてイライラしてしまったときは、目を閉じて10秒間数えてください。

 

人の怒りというのは長続きしないと言われています。

10秒間でもそれなりに怒りは収まるので、気持ちはある程度リセットされます。

 

気持ちが少し切り替わったところで、ウォーキングやランニングなど外に出て身体を動かしましょう。

 

外の新鮮な空気を吸いながら運動をすれば、心も身体もリフレッシュできます。

 

我慢をしながら、その我慢で溜まったストレスをしっかりと発散してください。

すると、夫婦の仲は自然と良くなってきます。

 

夫婦仲が悪いときに、相手のせいにするのは禁物です。

 

自分が変われば、相手も絶対に変わってくれます。

まずは、自分の意識を変えることから始めてみましょう。

 

夫婦仲は時間をかけて良くしていくものです。

1日で良くなるほど、簡単なものではありません。

 

中長期的なプランで、コツコツと相手の信頼を積み上げていくことが大切です。

夫婦円満を目指して、上手な「我慢」で相手の信頼を勝ち取ってくださいね。

クアトロえびチーズ 口コミ

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「かわいいね」としか言ってくれない男の本音

自分の妻に向かって
「きれいだよ」
とか
「強もかわいいね」
という夫はかなり少数派でしょう。
「自分の妻がきれいだとかかわいいなんて恥ずかしくて言えない」
「結婚したんだからもう自分のもの。そんなことを言う必要がない」
というのも理解できます。
でも欧米ではかなり事情が違います。
夫は毎日妻に
「きれいだ」
「かわいい」
「会いしている」
と言わないと離婚の原因にもなりかねません。

が、しかしである。
本当のことを言えば
「綺麗でないものを綺麗とは言えない!」
「可愛く無いものを可愛いとは言えない!」
のも事実である。

夫は、夫婦になれば嘘はつかない。
恋愛期間はうそをついてはいてもだ。
嘘をつくのは自分が浮気などやましい事がある時だけです。

ずばりいえば、おっとは妻であるあなたに
「かわいい」
「きれいだ」
とか言わないのは
あなたが現実問題として、きれいでもなく、かわいくもないからである。

いいですか
夫が妻のあなたを「きれいだ」「かわいい」という言葉をp発する時は心底「綺麗だ」「あくぁいい」と本心から思った時だけでだんです。
なにかを賛美するのは主技う声が出るものです。

では、妻のあなたは夫から「かわいい」とか「きれいだ」とか言って欲しいですか?
残念ながら女性も30の半ばを超えてくると「きれいだ」とか「かわいい」とか言ってくれる機会はどんどん減ってくるのはsうぃかたありません。
大半の夫は自分のことは横に置いて
「あぁ、こいつも更けてきたなぁ・・・」
と妻を眺めているものです。
テレビを観て急に若いアイドルに食い入るようになってきたら、おそらくあなたにセックスアピールを感じなくなってきている可能性は高いでしょう。

しかし、これが不幸なこととは私は考えていません。
夫婦というものはセックスが全てではない!
とも思うわけだからです。

「かわいいとはいえないし、しいていえば不細工かもしれない
 でも、いいや
 そんなこいつが好きだから結婚しよう」
結婚なんてそんなものでも十分 幸せなのです。

なぜなら、妻のあなたも全く同じだからなんです。
奥さん 最近自分の旦那さんに
「パパ いけてる!」
「かっこいい!」
なんて言ったことないでしょ?
チャットレディ 稼ぐ コツ

カテゴリー: 未分類 | コメントする

夫が強くなる時弱くなる時、妻が強くなる時弱くなる時

恋をすると男は強くあんり、女は弱くなります。
結婚することで男(夫)は弱くなり、女(妻)は強くなります。

恋愛から結婚へとステージが変われば力関係は大きく変わります。

恋愛している時期
これは女性が主役の役者で男性はプロデューサー的な役割です。
男性はいかにその女性が光り輝けるようにするか?
を必死になって考えます。
まわりに自分の彼女がいかにきれいで!優しくて!素晴らしい女性であるか!をまわりに認めさせるために涙ぐましい努力をします。
自分の惚れた女をいい女にするためにプロデュースする男性は強くなければいけません。
たとえそれがやせ我慢であってもです。
安月給の中からでも高級レストランでデートをし、自分では決して買わないような高価な物をバンバンプレゼントもします。
それもこれも、女性の価値を他県る事
おれはこんなにいい女とつきあっているんだ!
そうまわりに認めさせることこそ自分の価値も高めることになるのです。」

しあし、これが結婚というすれーじに代わると立場は逆転します。
今度は妻(女性)がプロデューサーになって夫(男)を演出していくのです。
自分の夫が
社会的にも
経済的にも
いわゆる「いい男」に仕立て上げていくのです。
自分が愛する男(夫)をいい男(夫)にするためには、女は強い女(妻)にならないといけないのです。
実家 解体 費用 兄弟

つまりスタートとゴールがまるで夫と妻では逆転するわけですね。
結婚は男にとってはゴールであり、女にとって、いや妻にとってはスタートなのです。
自分が惚れた女をなんとかして自分のものにできた結婚
これはもう最終ゴールです。
そこからさらに上のステージはありません。
しかし、女性にとって妻にとっては「これからが一番の勝負どころのスタートなのです。
これから生まれる子供のため
いや本質は自分のまわりの女ともd地に自慢するため
結婚した男、つまり夫を自慢できるいい男にまで育て上げていかないといけないのです。
すぐに音をあげる?諦める?さぼる?夫の尻を叩いて
社会的にも
経済的にも
いい男にするために
女は妻はキツ~イ言葉を夫に浴びせて走らせ続けるのです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

結婚したら男は弱くなり女は強くなる

恋をしている時の男は強く、女は弱くなります。
でも
結婚すると女が強くなり男は弱くなります。

恋愛初期においては女性は主役で男性はそれをフォローするプロデューサ役です。
いわば男性は女性が「いかに輝けるか」そのためにはなにでもすることができるのが男性です。
だから男性は女性よりも強くならなければなりませんし、そうありたいと男性は考えています。
当然演者(女性)よりもプロデューサー(男性)のほうが力関係では上です。
そのプロデューサーの手腕次第でいかに惚れた女性が輝けるかどうかは決ままりますし、惚れた女性が輝けば輝くほどその男性の周りの評価も上がります。
だからこそ恋愛書記においては女性よりも男性の方が強いものです。

しかし結婚で子の状況は一転してしまいます。
結婚して間もなく彼氏と彼女関係は夫と妻になると男性は女性を女歳恵美なくなりますし、女性も怠慢になり倦怠期に突入します。
実はここからが大きな転換期で女性が主宅になり男性はあくまでそのしたの補佐役的になります。
今度は女性がしその男性のプロデューサー的な立場になり、男性は女性の言うとおりに動く演者的な立場になるのです。
女性つまり妻は自分の夫社会的にも「いい男」に仕立て上げるためにその態度は一変します。
まるで鬼軍曹のように夫の尻を叩き始めるのです。
当たり前ですよね。
夫の社会的評価がすなわち自分の評価でもあるのですから必死です。
だからこそ女性は結婚後がは強くならなければいけないのです。
性癖 相性 結婚

それも妻のイメージするいい男とは
・家事を自分から率先して手伝ってくれる
・子育ても積極的に協力してくれるイクメン
そしてなにより
・会社で出世して多くの給料を持って帰ってきてくれる
そしてそしてそれよりも
・自分のまわりの友人に自慢できるよき夫
知んな風に自分の夫をプロデュースするのにいちいち夫の不平不満は聞いてはいおられないのです。
あのかよわく優しかった恋愛していた当時の彼女ではもはやないのです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

イクメン夫を羨ましがるな!夫に求めるのは育児よりも経済力では?

夫がい記事をする
テレビや週刊誌ではこれをイクメンともてはやし、今の時代の流行である。

「世の中は男女平等でい夫も育児するのが当たり前
 それに比べてうちの旦那と来たら、まったく育児に協力してっれない」
そうお嘆きの奥様もさぞ多いことでしょう。
もちろん、夫も育児に協力するのは当たり前のことです。
しかし、昨今の風潮で
会社を休んでまで育児をすることが果たて良いこと尚可?
このあたりは少し微妙です。
確かに政府も男性も育児休暇を取るようにするような政策を進めています。
しかし、現実はそう簡単ではありません。
公務員などの年功序列で昇給も横並び
そんな会社ならば行く軸床をとってもいいで市う。
しかし、成果主義能力主義の会社だとどうでしょう。
またそんな会社ほどお給料は多いものです。

あなたは夫に求めている最重要事項は何だろうか?
それは育児を協力してくれることだろうか?
たぶん「夫は妻や子供のために外に出て大きく稼いでくること」が最優先事項ではなかろうか?

最初から
「今 会社が設けているんだから育児休暇を取ろう」
と考えている男にであれば出世は期待していかないかもしれません。
そんな男性ならば、わざわざ育児休暇をとっても育児に協力してくれるとは考えられません。
おそらくおざなりの育児の協力で結局は家でダラダラしてるだけだと思います。

「嫁が育児手伝ってというから育児休暇を取って会社を休もう」
そんな会社にいてもいなくても問題ないような男性ならはっきりいって会社のお荷物でしかありません。
もし会社の業績が悪くなれば真っ先にリストラ対象になるでしょう。

損あしj店で観れば、よそのかていで
「うちの夫、育児休暇までとって子育てに協力してくれているの」と自慢されても
「お宅の旦那、出世街道から外れてるのね」
と内心ほくそ笑むこともできるのだ。

えっ?うちの旦那は育児も協力しないし。出世も期待できない?
それはそんな男をあなたにも責任があるから諦めるしかありません。
介護 臭い 吐き気

カテゴリー: 未分類 | コメントする

悩んだ時は放っておいて欲しい夫、話を聞いて欲しい妻

なにか悩みが出てきた時、夫と妻とではその時にどうして欲しいのか?
それは微妙に変わります。
「悩んだ時、放っておいて欲しいのが夫」
「悩んだ時に話を聞いて欲しいのが妻」
そんな風に夫と妻では悩みに対して相手にどうして欲しいのか?は変わってきます。

夫が?
妻が?
どうも暗い顔押している
どうもなにか悩んでいるようだ
そんな時に自分はどうしてあげたらいいのか?
それを考える時にまず気を付けて欲しいのが「もしそれが自分ならどうして欲しいか?」を優先してあげてください。

悩んでいるのがもし夫ならば、どちらかといえば夫自身でなんらかの答えが見つかるまで放っておいて欲しい生き物です。
悩んでいるのがもし妻ならば、どちらかといえば話を聞いて欲しいと考える生き物です。

しかし、これが夫と妻の大きなミスマッチでもあります。
夫からすれば「妻が何な悩みを抱えている」ことに気づいていても、「自分が悩みを抱えた時にして欲しいこと」
つまりあえて「なにもしない」「知らぬふりをする」ことが優しさと考えます・
妻からすれば「夫がなにか悩みを抱えている」ことに気づけば「自分が悩みを抱えた時にして欲しいこと:
つまり夫から「悩みを打ち明けて欲しい」「話をして欲しい」と夫に根掘り葉掘りと質問攻めにしてしま巣かもしれません・
夫からすれば
「こっちの気持ちも考えずになんと無神経な奴だ!」
そんな気持ちになって、また逆切れしてしまうこともあります。

夫も妻も、相手によかれと思ったことがことごとく逆効果になってしまうこともあるのが、夫婦が悩みを独自に抱えた場合の対応なんです。

悩みを抱えている夫
悩みを抱えている妻
そんな場合は
夫が悩みを抱えた時の考え方
妻が悩みを抱えた時の考え方
それをしっかりと理解したうえで対応していきましょう。
それが本当の優しさかもしれません。

そのうえでの
夫からの悩みの相談
妻からの悩みの相談
は意味が微妙に異なります。
夫から悩みの相談があった時にはすでに夫自身の答えは出ているものです。
ですから、あえてそれを肯定してあげましょう。
妻から悩みの相談があった時はまだまだ妻時品も悩みにたいする解決策は見つかっていないものです。
ですから、府府二人でじっくりと話し合って妻自身が答えを導きだせるようゆっくり時間をかけていきましょう。
カナダグース クリーニング 失敗

カテゴリー: 未分類 | コメントする

今の旦那とこのまま続けていくべきか・・・?

あなたが夫に何を一番に期待していますか?
それをまず考えてみて欲しい。
・経済的なこと(たぶん一番重要視している方がほとんどだと思う)
・男らしさ
・セックス
・人間性

給料が手取り15万円の男と結婚しても、ある程度給料が上がるまでは地獄の生活であることは間違いない。
「愛があればお金なんて・・・」
そんな幻想なんてものの数か月で跡形もなく消え去るでしょうね。
しかし、それでもそんな生活をするのはお金の問題を乗り越えた長所が旦那にあるからでしょうね。
たとえばmもし給料が手取り15万円しかなくても丘をがジャニーズ系で誰もが認める池マンなら我慢もできるでしょう。
だから、あえて経済的なことはここでは触れないようにします。
署名ドットコム 評判 感想

■ 毛婚生活はあなたの努力次第?
あなたが多少の不満はあったとしても、今の旦那をずっと愛していく自信があるのなら、別に給料が安かろうが女々しかろうがそれでいいと思います。
でも、それってあまりにもあなた中心の考えではありませんか?
ひょっとしたら今の旦那が妻のあなたを捨てるかもしれない??というリスクもあるのです。

アンマン名結婚生活を続けていくには妻も夫も、互いの努力と我慢が必要です。
いつも小ぎれいにし、時には優しくしてあげなければいけません。ええ、時々でいいのです。
男というものは、100%嫌いになることはないのです。
90%嫌いでも10%好きな部分があれば90%の悪いところは許してしまうものなんです。
最近 増えてきた女芸人さんたちですが、彼女たちも幸せな結婚生活を送っています。
今まで、デブだのブスだのそれを売り物にしてきたのにどうして素敵な人をゲットできたのか?
それは、やはり努力のたまものなのではないだろうか。
結婚相手を外見だけでは選べない。
そう、あなたが年収を聞いたとたんにゲーハー^なおっさんが福山雅治に見えてくるように、
男も何かのきっかけで女らしさや可愛さを知った時に、pデブからかわいいぽっちゃりさんに変わるのです。

1週間に1日
いや1か月に1日
妻のあなたが優しい仕草(たまにはメッセージ付きのお弁当でもいい)があれば夫婦はいつまでも円満なのだ。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

大事なことを忘れる夫 vs 余計なことを覚えている妻

大事なことを忘れる夫 vs 余計なことを覚えている妻
これは男の性分 音案の性分でもあります。
女性にはいわゆる「女の勘」っというとんでもない武器を持っています。
言い換えれば「不幸なことに敏感な能力」でもあります。
特に「なんか悪い予感がする?」
そんな女の予感ほど百発百中で当たるものです。
女性は常に不幸になことに対して敏感に察知する能力にたけているのです。
まったく証拠も残さない?尻尾を出していない?夫の浮気など知らなければよかったかも?といえるものでも敏感に女の勘で察知してしまうものなのです。
知らなければなにごともなかったはずなのあに?知ってしまったばっかりにリオンへの道を突き進まざる負えなくなることもあります。
夫にしてみればただの浮気
離婚なんかさらさら考えてもいないのに・・・・?
妻も夫ももはや不幸への道を勧めなければならなくなります。

女性は過去に起きた不幸な出来事を事細かくしっかりと記憶しているものです。
ですから男からすれば忘れて欲し事ほど、いつまでもいつまでもしっかりと記憶しているのです。
これはある意味において女性特有の「不幸に準備する能力」かもしれません。

一方、男というものは不幸に対する準備というよりも「幸せになるための能力」にたけているかもしれません。
そのために過去の過ちなどはすっかり忘れてしまう作用が働くのです。
しかし、過去の栄光だけは別です。
自分の遠い昔の武勇伝はいつまでもことあるごとにその話は登場します。

女性は不幸になりそうなことに敏感
男性は自分が幸福になりそうなことに敏感
そう言えるかもしれません。

■ 大事なことを忘れる夫 vs 余計なことを覚えている妻

それが
大事なことを忘れる夫 vs 余計なことを覚えている妻
の本質です。
結婚記念日とか大事なことはよく忘れてしまう夫です。
過去にあった過ちのことんなどきれいさっぱりと忘れてしまう夫です。
自分に100%落ち度があったといしてもです。
逆に女性はいつまでもしっかりとい覚えています。

夫婦喧嘩の時に、妻がいつも昔の同じことを蒸し返してくるのはそのせいなのです。
ロレックス つけてないと止まる

カテゴリー: 未分類 | コメントする