夫が強くなる時弱くなる時、妻が強くなる時弱くなる時

恋をすると男は強くあんり、女は弱くなります。
結婚することで男(夫)は弱くなり、女(妻)は強くなります。

恋愛から結婚へとステージが変われば力関係は大きく変わります。

恋愛している時期
これは女性が主役の役者で男性はプロデューサー的な役割です。
男性はいかにその女性が光り輝けるようにするか?
を必死になって考えます。
まわりに自分の彼女がいかにきれいで!優しくて!素晴らしい女性であるか!をまわりに認めさせるために涙ぐましい努力をします。
自分の惚れた女をいい女にするためにプロデュースする男性は強くなければいけません。
たとえそれがやせ我慢であってもです。
安月給の中からでも高級レストランでデートをし、自分では決して買わないような高価な物をバンバンプレゼントもします。
それもこれも、女性の価値を他県る事
おれはこんなにいい女とつきあっているんだ!
そうまわりに認めさせることこそ自分の価値も高めることになるのです。」

しあし、これが結婚というすれーじに代わると立場は逆転します。
今度は妻(女性)がプロデューサーになって夫(男)を演出していくのです。
自分の夫が
社会的にも
経済的にも
いわゆる「いい男」に仕立て上げていくのです。
自分が愛する男(夫)をいい男(夫)にするためには、女は強い女(妻)にならないといけないのです。
実家 解体 費用 兄弟

つまりスタートとゴールがまるで夫と妻では逆転するわけですね。
結婚は男にとってはゴールであり、女にとって、いや妻にとってはスタートなのです。
自分が惚れた女をなんとかして自分のものにできた結婚
これはもう最終ゴールです。
そこからさらに上のステージはありません。
しかし、女性にとって妻にとっては「これからが一番の勝負どころのスタートなのです。
これから生まれる子供のため
いや本質は自分のまわりの女ともd地に自慢するため
結婚した男、つまり夫を自慢できるいい男にまで育て上げていかないといけないのです。
すぐに音をあげる?諦める?さぼる?夫の尻を叩いて
社会的にも
経済的にも
いい男にするために
女は妻はキツ~イ言葉を夫に浴びせて走らせ続けるのです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

結婚したら男は弱くなり女は強くなる

恋をしている時の男は強く、女は弱くなります。
でも
結婚すると女が強くなり男は弱くなります。

恋愛初期においては女性は主役で男性はそれをフォローするプロデューサ役です。
いわば男性は女性が「いかに輝けるか」そのためにはなにでもすることができるのが男性です。
だから男性は女性よりも強くならなければなりませんし、そうありたいと男性は考えています。
当然演者(女性)よりもプロデューサー(男性)のほうが力関係では上です。
そのプロデューサーの手腕次第でいかに惚れた女性が輝けるかどうかは決ままりますし、惚れた女性が輝けば輝くほどその男性の周りの評価も上がります。
だからこそ恋愛書記においては女性よりも男性の方が強いものです。

しかし結婚で子の状況は一転してしまいます。
結婚して間もなく彼氏と彼女関係は夫と妻になると男性は女性を女歳恵美なくなりますし、女性も怠慢になり倦怠期に突入します。
実はここからが大きな転換期で女性が主宅になり男性はあくまでそのしたの補佐役的になります。
今度は女性がしその男性のプロデューサー的な立場になり、男性は女性の言うとおりに動く演者的な立場になるのです。
女性つまり妻は自分の夫社会的にも「いい男」に仕立て上げるためにその態度は一変します。
まるで鬼軍曹のように夫の尻を叩き始めるのです。
当たり前ですよね。
夫の社会的評価がすなわち自分の評価でもあるのですから必死です。
だからこそ女性は結婚後がは強くならなければいけないのです。
性癖 相性 結婚

それも妻のイメージするいい男とは
・家事を自分から率先して手伝ってくれる
・子育ても積極的に協力してくれるイクメン
そしてなにより
・会社で出世して多くの給料を持って帰ってきてくれる
そしてそしてそれよりも
・自分のまわりの友人に自慢できるよき夫
知んな風に自分の夫をプロデュースするのにいちいち夫の不平不満は聞いてはいおられないのです。
あのかよわく優しかった恋愛していた当時の彼女ではもはやないのです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

イクメン夫を羨ましがるな!夫に求めるのは育児よりも経済力では?

夫がい記事をする
テレビや週刊誌ではこれをイクメンともてはやし、今の時代の流行である。

「世の中は男女平等でい夫も育児するのが当たり前
 それに比べてうちの旦那と来たら、まったく育児に協力してっれない」
そうお嘆きの奥様もさぞ多いことでしょう。
もちろん、夫も育児に協力するのは当たり前のことです。
しかし、昨今の風潮で
会社を休んでまで育児をすることが果たて良いこと尚可?
このあたりは少し微妙です。
確かに政府も男性も育児休暇を取るようにするような政策を進めています。
しかし、現実はそう簡単ではありません。
公務員などの年功序列で昇給も横並び
そんな会社ならば行く軸床をとってもいいで市う。
しかし、成果主義能力主義の会社だとどうでしょう。
またそんな会社ほどお給料は多いものです。

あなたは夫に求めている最重要事項は何だろうか?
それは育児を協力してくれることだろうか?
たぶん「夫は妻や子供のために外に出て大きく稼いでくること」が最優先事項ではなかろうか?

最初から
「今 会社が設けているんだから育児休暇を取ろう」
と考えている男にであれば出世は期待していかないかもしれません。
そんな男性ならば、わざわざ育児休暇をとっても育児に協力してくれるとは考えられません。
おそらくおざなりの育児の協力で結局は家でダラダラしてるだけだと思います。

「嫁が育児手伝ってというから育児休暇を取って会社を休もう」
そんな会社にいてもいなくても問題ないような男性ならはっきりいって会社のお荷物でしかありません。
もし会社の業績が悪くなれば真っ先にリストラ対象になるでしょう。

損あしj店で観れば、よそのかていで
「うちの夫、育児休暇までとって子育てに協力してくれているの」と自慢されても
「お宅の旦那、出世街道から外れてるのね」
と内心ほくそ笑むこともできるのだ。

えっ?うちの旦那は育児も協力しないし。出世も期待できない?
それはそんな男をあなたにも責任があるから諦めるしかありません。
相続 税理士 頼まない

カテゴリー: 未分類 | コメントする

悩んだ時は放っておいて欲しい夫、話を聞いて欲しい妻

なにか悩みが出てきた時、夫と妻とではその時にどうして欲しいのか?
それは微妙に変わります。
「悩んだ時、放っておいて欲しいのが夫」
「悩んだ時に話を聞いて欲しいのが妻」
そんな風に夫と妻では悩みに対して相手にどうして欲しいのか?は変わってきます。

夫が?
妻が?
どうも暗い顔押している
どうもなにか悩んでいるようだ
そんな時に自分はどうしてあげたらいいのか?
それを考える時にまず気を付けて欲しいのが「もしそれが自分ならどうして欲しいか?」を優先してあげてください。

悩んでいるのがもし夫ならば、どちらかといえば夫自身でなんらかの答えが見つかるまで放っておいて欲しい生き物です。
悩んでいるのがもし妻ならば、どちらかといえば話を聞いて欲しいと考える生き物です。

しかし、これが夫と妻の大きなミスマッチでもあります。
夫からすれば「妻が何な悩みを抱えている」ことに気づいていても、「自分が悩みを抱えた時にして欲しいこと」
つまりあえて「なにもしない」「知らぬふりをする」ことが優しさと考えます・
妻からすれば「夫がなにか悩みを抱えている」ことに気づけば「自分が悩みを抱えた時にして欲しいこと:
つまり夫から「悩みを打ち明けて欲しい」「話をして欲しい」と夫に根掘り葉掘りと質問攻めにしてしま巣かもしれません・
夫からすれば
「こっちの気持ちも考えずになんと無神経な奴だ!」
そんな気持ちになって、また逆切れしてしまうこともあります。

夫も妻も、相手によかれと思ったことがことごとく逆効果になってしまうこともあるのが、夫婦が悩みを独自に抱えた場合の対応なんです。

悩みを抱えている夫
悩みを抱えている妻
そんな場合は
夫が悩みを抱えた時の考え方
妻が悩みを抱えた時の考え方
それをしっかりと理解したうえで対応していきましょう。
それが本当の優しさかもしれません。

そのうえでの
夫からの悩みの相談
妻からの悩みの相談
は意味が微妙に異なります。
夫から悩みの相談があった時にはすでに夫自身の答えは出ているものです。
ですから、あえてそれを肯定してあげましょう。
妻から悩みの相談があった時はまだまだ妻時品も悩みにたいする解決策は見つかっていないものです。
ですから、府府二人でじっくりと話し合って妻自身が答えを導きだせるようゆっくり時間をかけていきましょう。
突発性難聴 治療 食べ物

カテゴリー: 未分類 | コメントする

今の旦那とこのまま続けていくべきか・・・?

あなたが夫に何を一番に期待していますか?
それをまず考えてみて欲しい。
・経済的なこと(たぶん一番重要視している方がほとんどだと思う)
・男らしさ
・セックス
・人間性

給料が手取り15万円の男と結婚しても、ある程度給料が上がるまでは地獄の生活であることは間違いない。
「愛があればお金なんて・・・」
そんな幻想なんてものの数か月で跡形もなく消え去るでしょうね。
しかし、それでもそんな生活をするのはお金の問題を乗り越えた長所が旦那にあるからでしょうね。
たとえばmもし給料が手取り15万円しかなくても丘をがジャニーズ系で誰もが認める池マンなら我慢もできるでしょう。
だから、あえて経済的なことはここでは触れないようにします。
署名ドットコム 評判 感想

■ 毛婚生活はあなたの努力次第?
あなたが多少の不満はあったとしても、今の旦那をずっと愛していく自信があるのなら、別に給料が安かろうが女々しかろうがそれでいいと思います。
でも、それってあまりにもあなた中心の考えではありませんか?
ひょっとしたら今の旦那が妻のあなたを捨てるかもしれない??というリスクもあるのです。

アンマン名結婚生活を続けていくには妻も夫も、互いの努力と我慢が必要です。
いつも小ぎれいにし、時には優しくしてあげなければいけません。ええ、時々でいいのです。
男というものは、100%嫌いになることはないのです。
90%嫌いでも10%好きな部分があれば90%の悪いところは許してしまうものなんです。
最近 増えてきた女芸人さんたちですが、彼女たちも幸せな結婚生活を送っています。
今まで、デブだのブスだのそれを売り物にしてきたのにどうして素敵な人をゲットできたのか?
それは、やはり努力のたまものなのではないだろうか。
結婚相手を外見だけでは選べない。
そう、あなたが年収を聞いたとたんにゲーハー^なおっさんが福山雅治に見えてくるように、
男も何かのきっかけで女らしさや可愛さを知った時に、pデブからかわいいぽっちゃりさんに変わるのです。

1週間に1日
いや1か月に1日
妻のあなたが優しい仕草(たまにはメッセージ付きのお弁当でもいい)があれば夫婦はいつまでも円満なのだ。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

大事なことを忘れる夫 vs 余計なことを覚えている妻

大事なことを忘れる夫 vs 余計なことを覚えている妻
これは男の性分 音案の性分でもあります。
女性にはいわゆる「女の勘」っというとんでもない武器を持っています。
言い換えれば「不幸なことに敏感な能力」でもあります。
特に「なんか悪い予感がする?」
そんな女の予感ほど百発百中で当たるものです。
女性は常に不幸になことに対して敏感に察知する能力にたけているのです。
まったく証拠も残さない?尻尾を出していない?夫の浮気など知らなければよかったかも?といえるものでも敏感に女の勘で察知してしまうものなのです。
知らなければなにごともなかったはずなのあに?知ってしまったばっかりにリオンへの道を突き進まざる負えなくなることもあります。
夫にしてみればただの浮気
離婚なんかさらさら考えてもいないのに・・・・?
妻も夫ももはや不幸への道を勧めなければならなくなります。

女性は過去に起きた不幸な出来事を事細かくしっかりと記憶しているものです。
ですから男からすれば忘れて欲し事ほど、いつまでもいつまでもしっかりと記憶しているのです。
これはある意味において女性特有の「不幸に準備する能力」かもしれません。

一方、男というものは不幸に対する準備というよりも「幸せになるための能力」にたけているかもしれません。
そのために過去の過ちなどはすっかり忘れてしまう作用が働くのです。
しかし、過去の栄光だけは別です。
自分の遠い昔の武勇伝はいつまでもことあるごとにその話は登場します。

女性は不幸になりそうなことに敏感
男性は自分が幸福になりそうなことに敏感
そう言えるかもしれません。

■ 大事なことを忘れる夫 vs 余計なことを覚えている妻

それが
大事なことを忘れる夫 vs 余計なことを覚えている妻
の本質です。
結婚記念日とか大事なことはよく忘れてしまう夫です。
過去にあった過ちのことんなどきれいさっぱりと忘れてしまう夫です。
自分に100%落ち度があったといしてもです。
逆に女性はいつまでもしっかりとい覚えています。

夫婦喧嘩の時に、妻がいつも昔の同じことを蒸し返してくるのはそのせいなのです。
better相続 口コミ

カテゴリー: 未分類 | コメントする

嫉妬深い夫と嫉妬深い妻との違い

夫がキャバクラに行ったことがわかりました。
「仕事の付き合いなんだからしょうがないだろ」
そんな言い訳の常套句で納得できない妻。

自分の夫がキャバクラに行くことを過剰に嫌う人は、キャバ嬢に対して不安を抱いているのではなく自分の夫に不安を抱いているんですよね?
ですから、たとえキャバクラに行くのをやめてもそれで夫を信じているか?は疑問です。

■ 信じることは愛、信じさせて欲しいは欲求

信じるに値する根拠を相手に求める
それは「信じさせて欲しい」という欲求です。
ですからその根拠や証拠がなければ信じることができないのであれば、ズバリその程度の愛情でしかありません。
信じることに根拠や証拠はいりません。
自分の夫を疑わない!そんな強さが信じるということなんですね。
たちえ昔の一時の迷いかもしれませんが、自分が惚れた男が今の夫ではありませんか?
えっ?
惚れた男は他にいた?
そんな方はここから読まなくて結構ですよ。

■キャバクラではなく風俗だったら?
「キャバクラならまだ許せますが、風俗は許せません」
いやあ難しい問題です。
キャバクラと違い風俗はどのラインまでという定義は難しいですが体の関係になります。
夫が見ず知らずの女性と裸で過ごすのですから妻としては許せませんよね。

でも、それが浮気といえるか?*
夫としてもそこに愛情なんていうものはありません。
でも、そうはいっても許せるものでもありません。
いわゆる浮気よりも汚らしく不潔に感じてしまうかもしれません。
とはいっても男というよりもオスという生き物の本能ですから仕方ないかもしれません。
しかし
・それがバレる夫も悪いし
・それを追求する妻も悪い
のかもしれません。
気づかれない
追求しない
それが夫婦円満の暗黙のルールかもしれません。
ALG探偵社 評判

PS
夫が風俗に行ってすることは、決して妻に対しては「しない」「させない」ことだそうです。
少ない夫の小遣いをやりくりしてまでそこに風俗に行き、どんなことを夫が風俗嬢に要求しているのか?
このあたりは妻も追及したくもなりますよね。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

いつまでも仲良し!オタクの出会い法

夫婦や恋人同士で仲が良いカップルの中で、「同じ趣味を持っている」という場合が一定数います。
また、全く同じ趣味ではなくても「共通して通じる話題がある」というのも重要です。
それぞれが別ジャンルに夢中でも、理解があるので「共通して通じる部分」があります。

では、オタクの場合はどうでしょう?
自分と全く同じ趣味ジャンルが好きな異性を見つけるのはなかなか難しくなります。

オタクの場合も、全く同じ趣味の必要はありません。
全く同じオタクジャンルではなくても、共通点が何かしらあるのです。

オタクの世界は深いです。

マイナーになればマイナーになるほど、男女の交流というのは薄くなるものですよね。
ですが、何か真剣になるものを持っている異性というのは魅力的なもの。

今回は、オタクな異性との出会い方についてご紹介していきます。

まずはとても簡単に出会える方法が、オタク限定の婚活パーティーやオフ会です。

オタクの種類は多数あれど、みなさん何かに真剣に取り組んでいる方ばかりなので、同じ目線で話せる事は確かです。
最近の婚活サイトには、オタク婚活・趣味の婚活が定期的に開催されています。
ツアー等の、ちょっとしたお出かけ系のイベントもあるので楽しみながら出会いを探せるのも良いですよね。
あがり症で会話が苦手だとしても、動物見ながら~とかだと緊張も少しはほぐれます。

「同じ趣味でないとちょっと…」という方は、趣味サークルに入ることをお勧めします。
現在、各地で様々な社会人サークルがあります。
インターネットで調べると、次々といろんな趣味活のサークルが見つかるので、是非調べてみてください。

SNSを通したオフ会だと、最初から共通の趣味があるので、盛り上がりやすくなります。
同じ趣味となれば、もし会話が苦手だとしても、自然とお話が出来るはずです。

オタク 恋愛

みなさんもオタクな彼氏彼女を見つけて楽しんでくださいね。
オタク同士だと、夫婦になっても会話も楽しく、子供が夢中になったものも親子で楽しめる場合が多いのです。

夫婦でライブや映画や色々なものを楽しめます。
是非、いつまでも楽しめる相手を見つけてくださいね。

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , | コメントする

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント